ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

水泳ダイエットにアミノ酸で疲労回復できる?注意点についても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

水泳ダイエットと有酸素運動

運動で痩せようとしている人は、水泳に挑戦してみてはいかがでしょうか。ダイエットのために水泳をする人は多いと思いますが、水泳はダイエットに最適な有酸素運動です。水泳はダイエットだけでなく、健康増進にも効果があります。水泳はダイエットだけでなく、脂肪を燃焼させ、内臓や循環器系を強化することで、健康増進にも効果的です。水泳やエアロビクスなどの有酸素運動は、呼吸をしながら行う運動のことです。有酸素運動は体脂肪の代謝にどのように貢献するのでしょうか?脂肪は、エネルギー源として血管から体内に入ります。同じように、血液中の溶存酸素が脂肪と結合し、脂肪と一緒に燃焼します。そのため、有酸素運動によって血液中に多くの酸素が入ると、脂肪が結合して燃焼されるようになります。しかし、この方法では、長期間にわたって蓄積された脂肪を燃焼させることはできません。血液中に溶け込まずに長期間にわたって体内に蓄積された脂肪は、少なくとも20分間の連続した有酸素運動によって燃焼させる必要があります。蓄積された脂肪を燃焼させる役割を持つ脂肪燃焼酵素リパーゼは、体が温まっているときにのみ活性化します。これは、リパーゼの活性化に必要な最適温度が通常より1〜2度高く、温度が上がるまでに通常20〜30分かかるためです。

水泳の食事とアミノ酸

水泳ダイエットで体脂肪を効果的に燃焼させたい場合は、どうすればいいのでしょうか。アミノ酸ダイエットでは、体内にアミノ酸を導入し、脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを活性化させます。アミノ酸が体内に導入されると、まずリパーゼという脂肪燃焼酵素が活性化されます。リパーゼで分解された脂肪は血中に放出され、有酸素運動のエネルギーとして利用されます。水泳では、蓄積された体脂肪が分解されて血液中に放出されると、それが体の燃料として使われます。しかし、アミノ酸を食事に使用する際には、いくつかの注意点があります。水泳ダイエットは、アミノ酸を摂取してからの方が効果的です。運動前に摂取しないと、アミノ酸自体が脂肪や糖分として蓄積され、逆に脂肪がつきやすくなったり、太りやすくなったりします。また、脂肪燃焼効果を謳ったアミノ酸飲料も販売されていますが、糖分が添加されていたり、アミノ酸の量が少なかったりして、思うようなダイエット効果が得られない場合もあります。したがって、効果的な水泳ダイエットを実現するには、アミノ酸を含む自然食品を利用するのが一番です。アミノ酸を含む食品は、一言で言えばタンパク質です。水泳などの有酸素運動で体脂肪を効率よく燃焼させるためには、タンパク質が不可欠ですが、摂りすぎると太りやすくなります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.