ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

筋トレダイエットの注意点は?頻度や効果についても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

筋トレダイエットを行う

体内に蓄積された脂肪を燃焼させ、短期間でスリムな体を作るために、軍隊式の筋トレや激しいダンスをして体重を落とすダイエット法があります。これらの筋トレダイエットの成果は、様々なところから聞くことができます。人によっては、このような運動が体に負担をかけすぎて、膝や腰の関節が痛くなったり、運動しすぎて筋肉が酷使されたりすることもあります。あるいは、あまりにも辛いと、疲れて体調を崩し、ダイエットを諦めてしまうかもしれません。しかし、ダイエットを成功させるためには、筋力トレーニングはとても重要な要素です。健康的な体重を維持し、再発を防ぐためには、運動が不可欠です。運動には大きく分けて、酸素を使う「有酸素運動」と酸素を使わない「無酸素運動」があります。水泳やランニングなどの有酸素運動は、酸素を取り込み、体内の血流を増やすことで脂肪を燃焼させます。一方、筋力トレーニングは無酸素運動に分類され、基礎代謝量の増加と体重増加の抑制を主な目的としています。ダイエットのために筋トレをしていても、無酸素運動はエネルギーとして脂肪をあまり消費しないようです。脂肪の燃焼は、例えばランニングの時に顕著に現れます。筋力トレーニングをする体力や気力がなく、長い間運動をしていないが、やってみたいがジムに行く時間がないという方も多いのではないでしょうか。筋力トレーニングをしてみたいが、ジムに行く時間がない。毎日トレーニングをして、基礎代謝量が増えるのをじっと待たなければなりません。お金と時間があれば、ジムに行って専門家の指導の下でトレーニングをすることもできますが、これは贅沢な話ですよね。

 

間違った筋トレでは痩せない

ウェイトトレーニングというと、一般的にはジムの専用器具の前でウェイトやダンベルを持ち上げるような激しい運動を思い浮かべます。筋トレで痩せたい、代謝を上げたいと思っている人には関係のない話です。ダイエットのための筋トレには、さまざまな方法があります。ダイエットのための筋トレは、筋肉量を増やして高い基礎代謝量を実現するためのものです。高い代謝で筋肉をつけるためには、持久力を高める筋力トレーニングを行うとよいでしょう。筋トレを考えるとき、白筋と赤筋を知っておく必要があります。白人の筋肉を鍛えるには、早く激しく鍛える必要があり、赤人の筋肉を鍛えるには、じっくりと時間をかけて鍛える必要があります。体調があまり良くなく、これまで筋力トレーニングをしたことがない人は、ダイエットのためにどのような運動をするのかをよく考えた方が良いでしょう。ダイエットのためにウエイトトレーニングを始めても、首や肩、腰を痛めて続けられなくなってしまう人もいます。これは、筋肉をきちんと鍛えておらず、体に負担をかけすぎているからです。正しい栄養摂取、正しい姿勢の維持、安定した呼吸のリズムなど、筋肉を鍛えることができます。そのためには、写真や動画でトレーニング内容をきちんとチェックしましょう。自然で楽な姿勢でトレーニングすれば、自然と正しい呼吸ができ、正しい部位の筋肉を継続的に鍛えることができます。筋肉が固まってしまうと、窒息してしまい、うまく呼吸ができなくなってしまいます。これでは、体に余計な負担をかけてしまいます。筋力トレーニングを楽しむためには、正しい姿勢で呼吸を整え、気持ちよく体を動かせるようにする必要があります。

筋力トレーニングの栄養状態を把握する

健康的に体重を減らそうとすると、モチベーションを維持するのが難しいことがあります。たとえわずかでも明確な効果が見られなければ、基礎代謝量が増えて脂肪燃焼の効果を実感するまで、ひたすら苦しむことになるかもしれません。そんな時は、握力を測定して、筋肉が強くなっていることを実感してください。基礎代謝が上がるには時間がかかりますが、握力は筋肉量の目安になります。体内の筋肉が多いほど握力も大きくなるので、筋トレの前後で握力を測定して効果を確認しましょう。筋トレ後のフォローがきちんとできていないと、ダイエットのために筋トレをしたとしても効果が出にくいことがあります。結果が出るまでには時間がかかりますが、あまりにも時間がかかるようでは問題があります。例えば、筋力トレーニングによる筋肉疲労を解消できない体になっているかもしれません。そうしないと、体に必要な栄養素やカロリーが摂取できず、飢餓状態の体になり、脂肪が蓄積されやすくなります。様々な可能性が考えられますが、もしそうであれば、日々の食事やエネルギー摂取量のコントロールに加えて、筋トレを見直す必要があります。筋肉が疲れている時に筋トレをしても、筋肉が疲労して筋肉を作る効率が悪くなるだけです。筋トレ後の入浴は効果的で、体を温めるだけでなく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.