ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

杜仲茶ダイエットの注意点は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

杜仲茶ダイエットとは?

杜仲茶はダイエットに使われるお茶ですが、杜仲茶がダイエットに使われるとは?杜仲は中国南部から中部の山地に生える落葉樹で、樹皮を乾燥させたものを杜仲とも呼ぶ。樹皮を乾燥させたものを杜仲ともいう。滋養強壮剤として煎じて使われ、中国では貴重な原料とされていました。杜仲は、樹皮が乾燥しないように丁寧に皮を剥かなければならないので、とても貴重です。杜仲の値段は高く、買える人はほとんどいませんでした。杜仲は庶民には手に入らない高級品とされていました。杜仲茶は中国から輸入されたものが多く飲まれていますが、長野では国産の杜仲茶も栽培されています。大幅な体重減少は、杜仲茶に含まれるゲニボシ酸によるものです。ジェニボシ酸は、肝臓の脂質代謝能力と大腸の自然な動きを促進し、脂肪やコレステロールの再吸収を抑制します。杜仲茶がダイエットに有効なのは、体内に蓄積された脂肪の量を減らすことができるからです。杜仲にはゲニボシ酸も含まれており、血管を拡張して血流を良くする健康効果があると言われています。また、末梢血管での血流の抵抗を減らし、血圧の上昇を抑えると考えられています。杜仲茶ダイエットを行うことで、血行が良くなり、血圧が調整されます。

 

ダイエットのための杜仲茶の飲み方と注意点!

杜仲茶は、ダイエットに効果的なお茶としてとても人気があります。杜仲茶は、もともと長野県の農家が桑の代替品として開発したものです。現在では、中国をはじめ、東南アジアやアメリカでもダイエットや健康茶として広く販売されています。杜仲茶は温めても冷やしてもいいのですが、痩せたい人は濃くして飲むといいでしょう。杜仲茶は幅広い年齢層の方にお飲みいただけますので、ご家族でお飲みいただくことも可能です。杜仲茶は、1日のうちでいつでも飲めるカフェインレスのお茶です。杜仲茶ダイエットを行う際には、杜仲茶のダイエット効果は時間が経ってから実感できるものなので、気長に飲むことが大切です。それに加えて、杜仲茶はいろいろなアレンジができるお茶です。ダイエットだけでなく、二日酔い防止のためにも、ウイスキーや焼酎に杜仲茶を入れてカクテルを作ってみてはいかがでしょうか。体が疲れているときは、熱い杜仲茶に蜂蜜を少し入れると新しい味がします。また、熱い杜仲茶と蜂蜜の組み合わせは、疲れた体にしみわたります。レモン果汁と杜仲茶を組み合わせれば、爽やかで効果的にビタミンCを補給することができます。レモン杜仲茶は温めても冷やしても美味しく飲めるので、杜仲茶ダイエットを長く続けることができます。

杜仲茶を飲んでダイエット

ダイエットのために杜仲茶を飲んでいる方も多いと思います。杜仲茶の可能性はダイエットに限らず、他にも様々なバリエーションがあります。杜仲茶のティーパックは、成分を抽出した後にも有効ですので、ティーポッドそのものをご利用ください。杜仲茶を抽出した後、乾燥させてバスクリームとして使用することもできます。杜仲茶は、お風呂のお湯に溶けた成分が肌の調子を整えてくれるので、スキンケアとしても利用できます。鉢植えで育てている場合は、杜仲茶エキスを土に混ぜてみましょう。杜仲の葉には、植物の根の成長や栄養の吸収を助ける成分が含まれているので、花や緑が健康で長持ちし、虫がつきにくくなります。杜仲茶は、生活習慣病のリスクが懸念されているメタボリックシンドローム対策にも役立ちます。健康のため、あるいは体のために痩せるためには、日々の食生活を改善する必要があります。古代中国では、病気になる前に治せる医者が良医であり、病気を治すだけの医者は一歩劣ると考えられていました。中国では、食と薬が健康の鍵を握ると考えられており、杜仲はその重要な役割を担っていました。杜仲茶は、ダイエットや健康増進に最適です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.