ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

ダイエットゼリーは太る?注意点と体にいいのかどうかも

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

豊富なフレーバーと種類のダイエットゼリー

ダイエットゼリーは、ダイエットのために使われる代表的な商品の一つです。疲れていたり、アイスクリームやチョコレート、プリンやケーキなどの甘いものが食べたくなったりすると、ダイエット中でも食べたくなってしまうことがあります。しかし、これらの甘い食べ物は一般的に非常に高カロリーであり、それらをカットしなければ、体重を減らしたり、肥満を避けることはできません。そのような場合には、ダイエットジェルで代用することができます。ゼリーはお菓子やケーキに比べてカロリーが低い。ゼリーは通常、ゼラチンで固めて作りますが、ダイエット用のゼリーは、寒天やコニャックなどを使って、ダイエットに適した商品に仕上げています。ダイエットゼリーは、寒天とコニャックを使用し、ダイエット中の方にもお楽しみいただけるようにしました。ダイエットゼリーは、フルーツなど様々なフレーバーがありますが、カロリーはありません。ダイエット中にどうしても間食がやめられないときに、このような低カロリーで栄養価の高い食品があるのは嬉しいですね。ダイエットスナックも、見た目以上に満腹感が得られるように作られています。食事の間にたくさん食べたり、何も食べなくても完全な満足感が得られます。美味しくて、栄養があって、満腹感が得られるのであれば、通常の食事の1回分をそのようなゼリーに置き換える、いわゆる「食事の置き換えダイエット」が定着しつつあります。ダイエットゼリーは、おやつ代わりだけでなく、食事の代わりにもなるので、バリエーションが豊富です。

マーマレードで1食分の置き換えダイエット

食事の代わりとして市販されているダイエットゼリーの価格は、500円から1000円程度。毎回の食事で消費されるため、お得な価格とは言えないかもしれません。高価なゼリーの方が味も良く、満腹感が得られ、一日に必要な栄養素が含まれています。体に優しいダイエットをしたいなら、高価な商品を選んだほうがいいかもしれません。ダイエットジェルを1食分として使うことで、摂取カロリーを300キロカロリー以内に抑えることができます。7000キロカロリーが1kgの脂肪に相当すると考えると、7000キロカロリーを節約するためには約1ヶ月間のダイエットが必要になります。1食分の食事を置き換えるために作られた高価なダイエットゼリーは使いたくないという人は、もっと安いゼリーを使うべきです。しかし、これらのジェルの中には、一度に摂取する量が決まっていなかったり、栄養バランスが偏っていたりするため、食事の代わりとしては適さないものもあります。そのため、ダイエットを成功させるどころか、健康を害してしまうこともあります。安価なダイエットゼリーで食事を置き換える場合は、体の負担にならないように、カロリーや栄養価をチェックしましょう。リーズナブルなゼリーでダイエットを成功させたい場合は、こんにゃくや寒天を使った低カロリーのゼリーを使う人が多いようです。コニャックと寒天は、腸の働きを整えて便秘を改善するとされています。また、三大疾病だけでなく、高血圧や高血糖などの生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

ダイエット成功の鍵はダイエットゼリーではない?

ダイエットゼリーはダイエットに役立つ食品ですが、ダイエットゼリーだけでダイエットをすると、後々体に悪影響を及ぼします。運動せずに体重を減らそうとするのは、健康的な減量方法とは言えません。筋肉は、運動していなくても代謝して脂肪を燃焼させる部分です。運動で筋肉量や活動量を増やすことで、脂肪をエネルギーに変えやすくします。ダイエットに頼りきってしまうのも問題です。ほとんどのジェルは噛む必要がないので、忙しい毎日の中でも摂取することができます。ゼリーなどの飲み込まなければならない食べ物ばかり食べていると、噛む力がなくなり、顎が弱くなってしまいます。そのため、顔の筋肉が緩み、頬がたるみ、口を開ける癖がついてしまいます。ダイエットに成功しても、素敵な服を着ていても台無しになってしまいます。チューインガムで噛むことは、生活の中で欠かせないことです。噛まないと、脳が衰え、ホルモンの分泌が悪くなり、運動能力や記憶力が低下してしまいます。ダイエット薬を使って痩せても、健康を害してしまったら、痩せたとは言えません。ダイエットだけでなく、健康や美容のことを考えると、どのマーマレードを使うかだけでなく、ダイエットを成功させるための生活習慣や運動などにも目を向ける必要がありますよね。そもそも、なぜダイエットをするのか?既存の食品のダイエットハックを利用して、何もせずにただ痩せることを期待するのではなく、健康的に痩せる方法を考えた方が良いと思います。

 

ダイエットゼリーは太る?注意点も

脂質ゼロでも糖分(炭水化物)などの総カロリーに注意

ダイエットゼリーや市販品のゼリーに限らず、太るかどうかは脂質だけが問題ではないことを念頭に入れておきましょう。

ゼリーは脂質はないものの、炭水化物(糖分)を含めた総カロリーをチェックするようにしましょう。

ダイエットゼリーの代表格ともいえる「こんにゃくゼリー」でもカロリー(糖分)が含まれています。

ダイエットゼリーでも食べ過ぎれば太るので注意!

ダイエットゼリーも市販品のゼリーも総カロリーでいえばスナック菓子などよりは遥かに低カロリーのお菓子・デザートです。しかしながら、いくら低カロリーのダイエットゼリーでも、 食べ過ぎればやっぱり太る原因になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.