ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

スープダイエットで痩せない理由は?注意点についても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエットスープとは?スープダイエットについて

今回は、脂肪燃焼スープとも呼ばれるダイエットスープを使ったダイエットについてお話しましょう。まず、ダイエットスープとは野菜スープのことで、野菜スープを中心に決められたメニューを7日間食べ続けるというダイエット法に使われるスープです。このスープダイエットにはいくつか注意点があります。スープダイエットでは、いつでも、どの量でも、何の制限もなく食べることができます。この制限のなさが、スープダイエットの評価を高めているのかもしれません。スケジュールに沿って7日間かけて食品を食べるというシンプルなダイエット法です。パンや麺類、揚げ物など、小麦粉を含むものは食べられません。飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーなどの無糖のものに限り、100%ジュースを飲むことができます。砂糖などの甘味料、炭酸飲料、アルコール類は使用できません。肉類は、脂肪分のない豚肉(牛肉を除く)、油を使わずに調理した鶏肉、調理した魚であれば、7日間のうち特定の日に認められます。スープダイエットでは、体は脂肪分の多い食べ物を食べる必要がありません。日によっては体に必要な栄養素が十分に摂れないこともあるので、体調の良い日を選んでスープダイエットを行うことをお勧めします。

ダイエットスープのレシピ

痩せるためのダイエットスープレシピをご紹介します。用意する野菜は、セロリ
茎1/2~1本、キャベツ1/2個、玉ねぎ大3個、ピーマン大1個。
それぞれを一口大に切ります。大きめの鍋に下ごしらえした野菜とチキンブイヨン1本を入れ、ホールトマト1缶とかぶるくらいの水を加え、約10分加熱して味を調える。10分ほど煮込んで、塩・コショウで味付けし、お好みでチリソースやカレー粉を加えれば、ダイエットスープの完成です。ダイエットスープは、7日間のプランの中で、初日はスープとフルーツの日とします。初日はスープとフルーツで、バナナ以外のフルーツと、水または100%のフルーツジュースを用意。3日目はスープとフルーツと野菜の日で、好きなだけフルーツと野菜を食べます。4日目はスープとバナナと脱脂粉乳の日で、バナナを3本食べ、水を多めに飲みますが、500CCの水に少量の脱脂粉乳を溶かして飲みます。5日目は、スープ、肉、トマトの日。6日目はスープと牛肉と野菜の日で、牛肉と野菜を好きなだけ食べて、ダイエットスープを1杯飲むことができます。7日目は玄米、野菜、フルーツジュースの日で、玄米、野菜、100%フルーツジュース、ダイエットスープ1杯です。

スープダイエットのメリット・デメリット

スープダイエットの第一のメリットは、簡単に実行でき、あまりストレスを感じることなくダイエットができることです。2つ目の利点は、確実に体重が減ることです。ダイエットスープのカロリーは600~700キロカロリー程度。スープと一緒に食べる野菜は約300kcal、果物は約500kcal。肉を食べない7日間のうち、5日間に野菜スープや果物、野菜を食べれば、1日の総エネルギー摂取量は1500キロカロリー以下になり、ほとんどの人が体重を減らすことができます。スープダイエットの利点は、ダイエットの基礎知識を必要とせず、誰でもすぐに実践できることです。スープダイエットのデメリットとしては、まずタンパク質が少なすぎることが挙げられます。もちろん、すぐに健康を害するわけではありませんが、1日に食べる肉の量が多いとタンパク質不足に拍車がかかるため、非常に偏った食べ方になってしまいます。同じくデメリットとして、炭水化物の量が不足していることと、スープダイエット中に摂取する炭水化物の量が少なく、果物を食べることでしか摂取できないことが挙げられます。炭水化物の摂取量が少ないと、血液中の血糖値や中性脂肪値の調整が難しくなるため、このような栄養学的な観点から見ると、スープダイエットは少し無理があると考えられます。スープダイエットの欠点を無視して痩せることができたとしても、その後に再発する可能性があります。そのため、スープダイエットは短期間で痩せたい人向けに作られています。

簡単にできる野菜スープダイエット

野菜スープダイエットは、誰にでもできる簡単なダイエット法です。毎食の最初に野菜スープを1杯以上食べることから始めて、1週間毎日食べ続けます。つまり、好きなだけ食べられるということです。また、スープダイエットをより効果的に行うためには、焼き魚や肉、揚げ物、ビスケット、パン、お菓子などを食べないようにしましょう。この野菜スープを毎日食べていると飽きるという人もいますが、味付けは自由なので、カレーや醤油が好きな人は避けてもいいと思います。毎日、普通の夕食をとれない人は、朝食や昼食にスープを食べてもいいでしょう。基本的に野菜スープダイエットは、無理せず好きな時に野菜スープを食べることができます。

スープダイエットでやせない理由は?

カロリー制限がされていない・甘い

スープダイエットは「置き換えダイエット」の一種です。普段の食事を置き換えてカロリー制限をして減量をするタイプのダイエットのため、基本的に普段の食事量やカロリーを下回らないとやせません。

1食だけダイエットスープに置き換えの場合には、他の食事や間食でカロリー摂取過多になっていないかどうか注意する必要がります。

スープでも量を食べればやせない

ダイエットスープとはいえ量を多く食べればやせません。適度な量を食べる必要があります。

また本来のスープダイエットは短期集中型のものが流行したため「スープダイエットは食べれば即痩せる」と勘違いしてしまうことも。

適切なスープの量と、スープを食べる期間は短期集中なのか、長期間なのかでもダイエット計画は変わってきますので注意が必要です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.