ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

豆乳ダイエットの注意点は?効果的な飲み方についても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

豆乳ダイエットと栄養素

豆乳ダイエットで摂取可能な栄養素は何でしょう。豆乳とは、茹で大豆を潰して絞ったエキスの部分を意味しています。自然界のバランス栄養食品とも呼ばれる大豆が豆乳の原料です。大豆はカロリーが低い食品でありながらたんぱく質だけでなく体にいい成分がたくさん含まれています。その大豆とほぼ似たような栄養のある豆乳は、健康的なダイエットを助けてくれるものといえます。大豆タンパクと大豆イソフラボンという成分が豆乳に含まれる主要な栄養素です。大豆タンパクは代謝促進効果があり、その効果を大豆イソフラボンが補強してくれています。大豆に含まれている栄養成分は、大豆ペプチドや大豆サボニン、そしてレシチンなどです。大豆サポニンは、脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれる成分です。一方、大豆ペプチドは食事後のカロリー消費を促進させ、体脂肪を燃焼させてコレステロール低下に作用します。レシチンは大豆の脂質分に存在しており、善玉コレステロールを増やし動脈硬化を予防します。大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと非常に似通った性質と作用を持ち合わせています。大豆イソフラボンは大豆タンパクと同様にコレステロールの抑制効果があり、ダイエットの効率アップに役立ちます。また、ダイエット中のホルモンバランスを整えます。イソフラボンは広く植物に含まれる成分ですが、一般的にイソフラボンといえば大豆というくらい大豆には豊富に含まれています。

 

 

豆乳のダイエット効果とは

どうして豆乳はダイエット効果があるのでしょう。ダイエットのために大豆製品の中でも特に豆乳がお勧めなのは、液体の為固形の豆腐に比べても成分の吸収が優れているからです。消化効率があまりよくない大豆の状態では、栄養素が体に取り入れにくいのです。ダイエットに効果的な要素をたくさん持つ大豆と大豆製品。中でも豆乳は、よりダイエット効果の優れたドリンクなのです。豆乳の各成分に活躍してもらうには、毎食前に豆乳を飲む事がダイエットを効果的にする大切なポイントです。食事の量も自然と少なくなるし、一石二鳥なのです。コンビニにも売っている豆乳は、手軽なダイエット食品なので、毎日摂らない手はありません。現時点の健康状態や不足気味の栄養成分は何かを考えて、牛乳か豆乳かを選べば健康増進にもきっと役に立つでしょう。日頃の食生活ではカルシウムの摂取量が足りていないと感じている方は牛乳がおすすめです。牛乳や乳製品に含まれるカルシウムは他の食品より量が多く体内への吸収も効果的です。豆乳をお勧めしたい方は、日頃から鉄分が不足気味だという人や、脂質やコレステロールのバランスが崩れている人です。両者とも栄養飲料としてとても優れていますから、最終的にどちらがいいかは現状の栄養素などを含めて決めるといいでしょう。冬場は温めて飲むととてもおいしく飲めます。ダイエット効果を期待できるものは豆乳の方ですので、体重を減らしたい人は豆乳を利用するといいでしょう。

 

豆乳ダイエットの方法について

豆乳ダイエットを効果的にする方法があります。豆乳ダイエットの方法は、たくさんアレンジ出来るのが特徴です。ジュースによる豆乳ダイエットの方法があります。豆乳バナナダイエットが人気です。皮をむいたバナナ1本と豆乳をミキサーにかけるだけです。出来たジュースのバナナの変色が気になる方は、ミキサーを回す前にレモン汁を加えましょう。また、豆乳バナナダイエットでは、毎日飲む豆乳バナナにバリエーションをつけるためにココアやきなこ、すりごまを加える方法もあります。ほうれん草やキャベツ、ニンジンを加えて健康効果をアップさせてもいいでしょう。豆乳バナナドリンクではなくキウイ豆乳ドリンクやパイナップル豆乳ドリンクもあります。栄養バランスの調整やアンチエイジング効果に役立ちます。キウイやパインはバナナの代わりに活用できますが、バナナと異なる点は、作ってから飲むまで30分ほど放置することです。30分ほどの時間をおくのは、豆乳に含まれているたんぱく質をペプチドに分解するためです。キウイやパインにはたんぱく分解酵素という物質が含まれているので、ダイエットの際はこれを活用する方法がいいとされているのです。豆乳を加熱して豆乳ダイエットに使うという方法もおすすめです。ホット豆乳を使う主な飲み物としては、しょうが一かけをすりおろしたものと豆乳を紅茶に入れる方法があります。体も温まり、代謝もよくなる方法です。カフェラテを作る時、牛乳ではなく豆乳を使うのも方法の1つです。ソイラテは、カフェラテよりもさらっとした味わいで、コーヒーの味が際だつダイエット向きの飲み方です。これだけアレンジが出来る豆乳ダイエットなら誰でも簡単にダイエットを続けられるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.