ポイントを抑えて効率的&時短ボディメイキング

断食ダイエットの注意点!ファスティングダイエットについても

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

断食ダイエット(ファスティングダイエット)は短期集中型ダイエットで即痩せるという口コミもあり、若い女性を中心に人気のダイエット方法ですが注意することもあります。断食ダイエットおよびファスティングダイエットの注意点をまとめました。

断食ダイエット(ファスティングダイエット)とは?

ファスティングダイエットとは、摂取カロリーをほぼゼロにすることを目的としたダイエット方法です。摂取カロリーを減らすことが減量の重要なポイントであることは広く知られています。ファスティングとは、一定期間、意図的に食事を控える特殊なダイエット方法です。医療行為などで、水以外のすべての食物を断つことを、断食ではなくファスティングと呼ぶ場合もあります。断食自体は古くから行われており、宗教家が修行のために断食を行っていたことはよく知られています。最も有名なのはイスラム教の断食ですが、ユダヤ教、キリスト教、その他多くの宗教でも断食が行われています。もちろん、宗教的な断食は、ダイエットを目的としたものではありません。断食は、人間の三大煩悩の一つである「食欲」に抵抗するための精神修養の一つと考えられています。なぜダイエットのために断食をするのかというと、体が栄養を奪われると、自分の中で栄養を変換しようとするからです。食べ物で補給できなくなると、もともと体にあるものからエネルギーを得なければなりません。生命維持に必要なエネルギーが枯渇すると、蓄積された脂肪が燃焼されます。断食ダイエットで体重が減るのは、脂肪が消費されるからです。

 

断食ダイエット(ファスティングダイエット)の方法・進め方

ファスティングダイエットとは、簡単に言えば、一定期間食事を控えるダイエット方法です。痩せるために断食をするという理屈はわかりやすいのですが、痩せてそれを維持するのはとても難しいことです。基本的なファスティングダイエットは、2日間、食事メニューに沿って行うものです。平日に食事を抜くことは、日常生活に支障をきたす恐れがあるため、ほとんどのファスティングダイエットは金曜日の夕方から日曜日の午後まで実施されます。断食ダイエットの期間はどのダイエット法でもほぼ同じですが、食事制限の方法に若干の違いがあります。食事は徐々に摂取量を減らしていくのが基本で、最初の6回分は金曜日に行います。断食のメインとなるのは土曜日で、昼と夜はすし汁以外は何も食べず、それ以外の時間は水を飲みます。日曜日の朝には、朝食としてお粥を食べ、断食を完了させます。また、お粥やスープの代わりにプレーンヨーグルトや100%フルーツジュースを使い、金曜日の夕方から日曜日の午後まで食事をしないファスティングダイエットもあります。また、下剤を使いながら食事を抜くファスティングダイエットもあります。このように、ファスティングダイエットには様々なバリエーションがありますが、共通していることがあります。ファスティングダイエットは、一定期間に口から摂取するカロリーを大幅に減らすため、食べなくても痩せることができるというのが共通の意見です。

 

断食ダイエット・ファスティングダイエットの注意点

断食ダイエットでは、しばらくの間、空腹に悩まされることになりますが、多くのエネルギーを必要とするため、この障害はそれほど大きなものではありません。ダイエットプランは頑張れば実行できます。しかし、禁食にはいくつかの注意点があります。最初の断食で体重が減り、何度もやりたくなる人もいます。減量目標を達成したときの喜びは、やってみた人にしかわかりません。ファスティングが成功したからもっと痩せたいと、あまり深く考えずにファスティングを続ける人もいるかもしれませんが、これは絶対にやってはいけません。体への影響を考えずに無計画に断食を長引かせると、食欲不振に陥ったり、命に関わるような健康被害が出ることもあります。金曜から日曜までの断食に加えて、もっと長い断食ダイエットがあります。しかし、このような長い断食は、断食師の指導のもと、断食ロッジや断食センターなどの専門施設で行われます。ファスティングダイエットは、長期的に行うものではないことに注意が必要です。自宅でファスティングダイエットを行う場合は、明確な計画を立てて、短期間で試すようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ダイエット注意点|失敗しない=やせる , 2021 All Rights Reserved.